HOME>オススメ情報>結婚の内祝いで知っておくべきことをチェックしましょう

幸せを祝うために結婚内祝いを送る

結婚祝いを頂いたら、内祝いとしてお返しをするのが一般的です。幸せを祝うためのギフトですので、感謝が伝わる贈り方やマナーに配慮すべきです。

結婚内祝いを送るマナー

いつ頃に贈れば良いのか

結婚祝いを頂いてから、結婚内祝いを1ヶ月以内に贈るのが一般的です。

購入金額はどれくらいか

半返しが一般的、返し過ぎないように内容に注意しましょう。

相手の都合を考慮して贈りましょう

先方の迷惑にならない品物を選び、贈るタイミングに配慮しましょう。

時期を逸した場合の対応

遅れたり忘れた場合、挨拶状やお詫びを送ります。

縁起の悪い対応は避ける

割れる、切れるを連想させる品物は避けましょう。

関係性によって変わる金額

ギフト

結婚内祝いを贈る場合、贈る相手との関係性によっても贈るものの金額が変わってくることがあります。あまりにも高額すぎるのも低額すぎるのも失礼になってしまうので、相場を確認しておくのもよいでしょう。もしも相手が欲しいと考えているものを知ることができるのであれば、候補として考えておくのもよいでしょう。最近ではカタログで結婚内祝いを贈るという人も増えてきているので、商品を選ぶ手間も省くことができるようになっています。

見合ったものを選択する

ギフト

お祝いの品物ということになるので、出来るだけ華やかなものを選択する、ということも結婚内祝いを選ぶ際には考える必要があります。人気のカタログギフトも今は慶事用のものがあるので、どれくらいの価格のものを選択するべきなのか、ということも考慮した上で選ぶことができるようになっています。お祝いにふさわしい商品を選ぶことができるようになっているので、贈っても不要だと感じてしまうこともないでしょう。好みのものを選ぶことができるのであれば、愛用をしてくれることも考えられます。贈っても困るようなものだと感じられてしまうと悲しいですし、もったいないという気持ちにもなってしまうので、見合ったものを贈るということはとても大切です。

広告募集中